清酒 盛升

清酒 盛升 さかります

東丹沢山麓のふもと、厚木市七沢に位置し文政元年(1818年)創業200年になる老舗の造り酒屋です。
「水源の森百選」にも選ばれる東丹沢山麓より溢れ出る清らかな伏流水を仕込水とし、全国から厳選し磨き込んだ酒米一粒一粒をじっくりと丁寧に手間暇を惜しまず醸します。
伝統の技を守りながらも、新しい発酵技術も積極的に取り入れ、それらの技を巧みに融合させ銘酒「盛升」は誕生いたします。


盛升の由来

創業者、黄金井伝四郎は世の中のためになる商売をしたい一念で、濁酒屋を小さく始めたのが今の酒造りの起源である、その時の屋号を「升屋」と称し、益々繁盛という意を込め「盛升」サカリマスと命名いたしました。


伝統技術の継承

杜氏はもともと越後(新潟)から招いていたいました。農閑期に当たる冬、杜氏は同じ農村の者を蔵人として連れ、一緒に蔵へ出稼ぎに出ていました。杜氏は酒造りの最高責任者であり、蔵元との間で酒造りの計画、設計を任され、連れてきた蔵人共に酒造りをします。近年、杜氏や蔵人の高齢化が進み、なりても少なくなっていることから、自社杜氏の養成を開始いたしました。ベテランの越後杜氏の元、酒造りを一から学び、平成14年秋の酒造りより、地元杜氏での酒造りを開始し、越後杜氏の伝統の技を継承し、就任1年目の平成15年の春に開催された全国新酒鑑評会にて、金賞を受賞。二年目にあたる平成16年も同賞を受賞し、二年連続の金賞受賞となりました。その他にも、数々各種鑑評会でも賞を受賞しています。